着ている本人はもちろん、周囲にいる人や通りすがりの人すらハッピーにしてしまうくらいの、ポジティブな空気感。そんなポール・スミスのアイデンティティともいうべき個性を象徴するのが、サー・ポール・スミスが1990年代に考案し、それまでのメンズウェアではありえないほど大胆でカラフルな柄として絶大な人気となった、マルチストライプです。

僕らの会社にロゴがあるとすれば、おそらくストライプだ──。いまでは当たり前となっている袖口にあしらわれたコントラストカラーや、袖口裏側の色柄使い。そのパイオニアとしても知られるサー・ポール・スミスは、自ら考案した全14色が絶妙に組み合わされた「マルチストライプ」を、ブランドの象徴、アイデンティティと考えているのです。

ポールがロンドンの美術館、テート・モダンで目にした絵画の色からインスパイアされた「アーティストストライプ」などの派生パターンを生み出した「マルチストライプ」は、多様性が尊ばれる現代の象徴のようであり、ブランドのシグネチャーであり、ひと目でそれとわかる個性そのもの。この”ロゴ”は、これまでもこれからも数多くのアイテムに取り入れられ、きっと老若男女を問わずポール・スミスらしいハッピーを提供してくれるはずです。

シグネチャーである色鮮やかなマルチストライプを全面にあしらい、部位によって柄の入れ方や方向を変えることでさらに印象的に仕上げた、クルーネックのウールセーター。多色使いによる華やかさ、同じ柄の組み合わせによる統一感と上品さ、上質なウールが生み出すリッチな肌触りなどが、毎日着たくなる特別感と、スタイルを選ばず意外に着こなしやすい理由です。

セーター¥55,000(税込)

SHOP ONLINE

キメの細かいレザーをクリーンで都会的、そしてスポーティーなホワイトに仕上げ、サイドラインに色鮮やかなマルチストライプを配したエレガントかつキャッチーなスニーカー。アウトソールにはモールド加工によって表現されたブランドロゴが、柄のように散りばめられています。ジーンズはもちろん、ウールのトラウザーズやチノパンなど、さまざまなパンツと好相性です。

スニーカー¥55,000(税込)

SHOP ONLINE

仕立てのいいドレス仕様のシャツは、Tシャツなどのカットソーと違った“快適さ”を感じさせてくれるスタンダードアイテムです。ポール・スミスを象徴するマルチストライプをスタイリッシュに取り入れるなら、最もメンズウェアらしいシャツがおすすめ。その華やかさ、遊び心、ビジュアルインパクトを存分に楽しめるはずです。1枚で着たときのインパクトもさることながら、ジャケットやアウターのインナーとしてアクセント的に取り入れるのはとても効果的。セーターから襟を覗かせるだけだとしても、その存在感は絶大です。

シャツ¥26,400(税込)

SHOP ONLINE

しなやかなフルグレインレザーがこだわりのカードケース。そのため発色のよさと傷が目立ちにくいという使い勝手の良さを兼ね備えています。ケース外側は単色に小さくブランドロゴのゴールドの箔押しが施されたシックなデザイン。ピボット式で展開するマルチストライプやブライトカラーなど内側の3枚のカードスロットには、それぞれスリットポケットが備わっています。"THE SUNSHINE OF MY LIFE"というハートフルなメッセージも刻まれているので、家族や友人、パートナーなど、大切な誰かに贈りたい逸品です。

カードケース各¥19,800(税込)

SHOP ONLINE

マルチストライプは、ホームコレクションでも堪能できます。毎日使うものだからこそ、気分が高揚する一品を。肉厚なパイル地だから肌触りもよく、吸水性も抜群です。バスタオルからハンドタオルまで、サイズ違いで揃えればバスルームもスタイリッシュに華やぎます。贈っても、贈られてもうれしい鉄板アイテムです。

バスタオル(130☓72cm)¥4,180、フェイスタオル(111×35cm)¥2,200、ハンドタオル(34×34cm)¥1,760(すべて税込)

SHOP ONLINE

サー・ポール・スミスの愛車としても知られ、1998年には自らのデザインによる限定モデルまで発売されたという縁の深いローバー・ミニ。そのデザインを象り、屋根にだけマルチストライプをあしらったチャームがポイントのキーリングです。着色を屋根のみにすることで、逆にマルチストライプの効果と存在感を高めています。メインリングにはクラシカルで手の込んだ縄模様が施されており、控えめなディテールながらも一味違う印象に。バッグに、ベルトループにと、シーンに併せて付け外し自在のフックつきで、実用性抜群です。

キーリング¥9,900(税込)

SHOP ONLINE

Photography by Yoshio Kato
Styling by Masaaki Ida
Editorial Direction & Text by Junya Hasegawa @ america