普段は人から見られることのない、裏地や裏面にデザインを施すというのは、古今東西を問わず“洒落者”が好む高度なテクニックといえます。ポール・スミスでも多用されてきたこのアイデアは、上品で紳士的な佇まいでありながら、ポップでプレイフルなメンタリティをもつブランドのアイデンティティを表すもの。これみよがしではないエレガントな遊び心こそ、ポール・スミスの真骨頂なのです。

古来日本では、一見すると地味で控えめな着物の裏側にだけ派手な色柄をあしらい、人知れずおしゃれを楽しむ洒脱な着こなしが評価されてきました。英国が発祥のメンズウエアにおいても、ドレスコードを外さないエレガントな着こなしの裏で、さりげなく自己表現を楽しむというのが本物の紳士の嗜み。シックなジャケットのライニングにグラフィカルなライニングを施すというのは、タイムレスでユニバーサルなおしゃれテクニックなのです。

マイクロシャドーチェック柄のジャケットは、ダークネイビーが基調のクールなルックス。しかし見返しにブラックとライラックで構成されたローズをカモフラージュ柄にした「カモフローラル」のライニング、内ポケットにターコイズブルーのパイピングが施されているなど、一転して華やかな印象です。

このライニングは1991年に発表された切り株モチーフのプリントをリモデルしたもの。ブランドの伝統を受け継ぎながら、モダンにアップデートさせている。そんな歴史と進化を感じさせる名作ジャケットです。

スーツ ¥132,000、ベスト ¥39,600(全て税込)

SHOP ONLINE

腕時計の「顔」は、文字板です。ケースの裏蓋なんて決して人に見せることはないけれど、それでも一切妥協せずに気の利いたデザインを施し、着用者を楽しませてくれる。そんなこだわりはポール・スミス ウォッチならではかもしれません。

「チャーチストリート」(写真左)は、数多くのアンティークショップが立ち並ぶ通りとして有名な英国・ロンドンのチャーチストリートで、サー・ポール・スミス自身が見つけた古いカメラからインスパイアされたもの。無駄のないシンプルなデザインをベースに、ブラックダイヤルに映えるレッドやブルーを差し色として針にあしらい、ポール・スミスらしさを表現。裏蓋には写真を現像する暗室をイメージした赤外線の電球がデザインされており、クールでソリッドでありながら、さりげなく大人っぽさと個性を演出してくれます。


同じくロンドンのウエストミンスター宮殿にある時計台「ビッグベン」にインスピレーションを受けた「ウエストミンスター」(写真中)は、美しいカッティングのスクエアケースが印象的。ヘアライン加工が施されたケースの上品な光沢、12時表記のアクセントカラーなどが、モダンで洗練された印象を与えます。リューズに文字板と同色の樹脂を配し、カフリンクスをイメージ。裏蓋にはウエストミンスター宮殿を中心とした、ロンドン市内の手描きマップが刻印されています。


「ダイヤル」(写真右)は、ポール・スミスのガジェットコレクションのひとつである、古いダイヤル式電話機がデザインソースとなったユニークな1本。ポール・スミスを象徴するアーティストストライプのカラーリングが文字板に採用されています。文字板中央のディスクとリンクした、ダークブルーのレザーバンドも含め、コーディネイトのアクセントに最適です。裏蓋にはサー・ポール・スミス自ら描いた、ポップな電話機のイラストが刻まれています。

(左から)腕時計「チャーチストリート」¥38,500、同「ウエストミンスター」¥36,300、同「ダイヤル」¥38,500(全て税込)

SHOP ONLINE

リッチなホワイトレザーを駆使したイタリア製のスニーカーは、ブライトオレンジのライニング、グラフィカルなイエローのインソール、そしてサイドにアーティストストライプのウェビングテープを採用したポップなデザイン。またホワイトのアウトソールは蛍光イエローでトリミングされ、両足を揃えるとユニオンジャックが完成するというギミックが楽しめます。

スニーカー ¥71,500(税込)

SHOP ONLINE

大柄のポルカドットは、ポール・スミスで伝統的に使用されてきた象徴的グラフィック。このネクタイは大剣と小剣がブラックとホワイトに切り替えられたバイカラーデザインがユニークで印象的です。さらに大剣をひっくり返してみると……、ブランド創設50周年記念のカプセルコレクションでフィーチャーされた、「シードパケット」というカラフルなフローラルプリントが裏地に使われていることがわかります。

タイドアップしていれば、ふとした瞬間に小剣、裏地がチラ見えすることも。クラシカルでポップな印象から、ときにはモードに、そしてヴィヴィッドで華やかにと、さまざまな表情を見せてくれる逸品です。

ネクタイ ¥17,600(税込)

SHOP ONLINE

「ミニ キングス クロス」と名付けられたこの2つ折り財布は、外装はブラックのシボ革にブランドロゴのみをさりげなくあしらった、控えめでシックなデザイン。しかし中を開くとマルチストライプの自動車Miniと、ロンドンの主要ターミナル駅であるキングス・クロス駅にある、ポール・スミスのショップのフォトプリントが。

このプリントは、上質なレザーにインクジェットプリンターを使って表現されたもの。レザーの風合い、質感を残しながら、美しく緻密なグラフィックが表現されているのが特徴的です。持ち歩いているときのクールな表情、支払いなどの際に顔を覗かせるポップでアーティスティックな表情、その劇的なギャップと二面性が楽しめる、アイコニックな製品です。

ウォレット ¥28,600(税込)

SHOP ONLINE

Photography by Yoshio Kato
Styling by Masaaki Ida
Editorial Direction & Text by Junya Hasegawa @ america