PAUL SMITH

Spring/Summer '18

2018年春夏シーズン、ポール・スミスはマルゴジア・ベラとベン・アレンをキャンペーンに起用し、「Ocean」をテーマにコレクションを展開します。

新シーズンのキャンペーンイメージは、ネオンサインや砂浜が広がる南フランスを舞台に撮影され、ポール・スミスが忘れることのない意外性のセンスはユニークなロブスターなどのプロップに表現されています。

イメージには遊び心と迫力ある色使いが溢れ、モノクロのバックグラウンドから温かみのあるトロピカルカラーや宝石のようにリッチな色彩のアイテムが飛び出します。

キャンペーンイメージで効果的に使用されている色は2018年春夏シーズンを象徴する「Ocean」プリントのカラーパレットから取り出したキーカラーで、伝統的なハワイアンシャツのデザインにインスピレーションを得た「Ocean」プリントには、色鮮やかな手描きの花々、珊瑚、錦鯉などのモチーフが踊っています。

メンズコレクションでは「Ocean」が伝統的なフィールドジャケットやオープンカラーのキューバシャツにあしらわれているほか、プリントのモチーフはニットにも落とし込まれています。

一方ウィメンズコレクションでは、目の覚めるようなイエロー、レッド、ブルーの「Ocean」プリントのラップドレスやスカートを展開するほか、素材を裏使いすることで日に焼けて色褪せたような柔らかな色彩を表現した「Floral Bloom」プリントが、テーラードジャケットやトラウザーズで登場します。

コレクションに漂う夏のムードはシューズやアクセサリーにも見られ、テクニカルサンダル、デッキチェアストライプのビーチバッグ、プリントのエスパドリーユが、海辺の雰囲気をたっぷりと演出しています。

Read More Stories