ヴィンテージ、ミリタリー、ワークウェアの要素を融合し、デザイン、生地、縫製、加工を一貫してMade in JapanにこだわったPS Paul SmithのRed Ear。2020年春夏シーズンは、Red Earのオリジナルコンセプトはそのままに、日本の和装や重ね着の美学、着物や半纏、柔道着などのデザインやディテールにインスピレーションを得たアイテムを展開します。

SS20 RED EAR

ソフトでしなやかなスーピマコットンに、ラミー素材の涼しげなカジュアル感をミックスしたジャケットとワイドショーツのセットアップは、素材のもつ繊細な風合いや上質な光沢感と、リラックスしたシルエットが魅力。ジャケットの後ろ身頃のパネルには、日本の刺し子をイメージした"R"の刺繍がさりげなくあしらわれます。

柔道着のようなウエストのディテールが特徴的なワイドシルエットショーツは、巻き縫い仕様のシンプルなフロントも個性的。ワイドなウエストをドローコードで絞ることで生まれる自然なギャザーは、モダンかつユニークなシルエットを作り出します。

SS20 RED EAR
SS20 RED EAR

今シーズンのレイヤードスタイルにかかせないショート丈のコーチジャケットは、レーヨン・ナイロンのグログラン素材が鈍い光沢感を演出し、ディテールを削ぎ落としたコンパクトなデザインが素材感を一層際立たせています。

インナーに合わせた開襟シャツは前後で異なる着丈で、上半分は無地、ウエスト位置から裾にかけては発色の良い花柄をグラデーションであしらっています。1枚での存在感はもちろんのこと、その計算されたデザインは柄をちらりと見せるレイヤリングで、その魅力を存分に発揮します。

SHOP RED EAR
SS20 RED EAR
SS20 RED EAR

ロングスリーブシャツに重ね着した、ドットが円の外に向かってフェードし、まるで絞り染めのようにも見えるドット柄のショートスリーブシャツは、ゆったりとした肩幅や身幅と少し長めにとった袖丈がリラックスした雰囲気。どこか古風な柄を、ポップでモダンな印象に仕上げています。

SS20 RED EAR

日本的な3種類の柄をミックスアップしたロングスリーブシャツは、1枚でも重ね着をしているかのようなデザイン。インナーに合わせると、襟元、袖口、裾から覗く柄がすべて異なるデザインで、多彩な印象を与えます。

また、ダブルニーパッチとフロントポケットが1枚になったワークトラウザーズは、ヨコ糸にネップヤーンを用いたミドルオンスデニムとグリーンキャストのデニムを使用しています。

ショート丈のコーチジャケットの下に合わせたのは、江戸時代、庶民の着物に多用された縞模様をモダンな印象にアレンジした半纏風のカーディガン。

組織変化でストライプを表現したコットンリネンデニムのショーツは、ヨコ糸にカラーのトップリネン糸を使用し、自然な光沢感と深みのある色合いを出しています。前身と後身で色目の異なる生地を組み合わせた個性的なデザインで、同素材ではコートも展開します。

SS20 RED EAR
SS20 RED EAR
SS20 RED EAR

生地にワッシャー加工を施し、膨らみと軽やかさを加えた上質なコットンリネンを使用したモッズコート。デザインはミリタリーコートをベースにしつつも、Vゾーンのカッティングやドローコードがどこか日本の着物を連想させます。

ウエストのディテールとワイドなシルエットが柔道着を思わせるトラウザーズは、幅太の縞模様を組織変化で表現した素材が特徴的。ミリタリーの重厚感と日本の繊細なディテールとが調和した雰囲気で、独特の存在感があります。

SS20 RED EAR

デニムブルゾンは、グリーンキャストデニムがヴィンテージフィーリングを醸し出します。オーセンティックなGジャンをベースにしつつ着物の襟を意識したディテールが個性的で、短めの着丈がレイヤードスタイルに活躍します。

SS20 RED EAR

ややゆったりとしたサイズ感とドレープ性のある生地が程よく抜け感を演出するステンカラーコートは、さまざまなシーンで活躍する万能アイテム。

SS20 RED EAR

インナーに合わせたフライトジャケットイメージのショート丈のブルゾンは、着物のようなVゾーンが個性的で、片面が無地、もう一方が青地に白いドット柄のリバーシブル仕様。キルトステッチ巾のピッチをさりげなく変えることで、表裏で大きく異なるイメージを楽しめます。

SS20 RED EAR
SS20 RED EAR

激しくペンキが付着したように見えるワークジャケットとショーツは、インクに見える部分をすべて織りで表現した非常に手の込んだオリジナルの生地を使用。2色の染料をムラ染めすることで、素材に凹凸感と色合いの変化を与えています。マーブリング染色で1点1点仕上げているため、すべてが1点ものといえるアイテムです。

インナーのフードパーカーは、膨らみと柔らかさのある素材や、ヴィンテージを思わせる後付けのフード、やや深めの首周り、着丈を調節するアジャストコードなど、細部までこだわった作り。

2020年春夏Red Earは全国のPS Paul Smith取扱いショップおよび公式オンラインショップにて展開中。

SHOP RED EAR

Model: Kai
Photography by Lee Basford
Styling by Hideyuki Kanemitsu
Hair by Shota Kurushima
Special thanks to Edo-Tokyo Open Air Architectural Museum