PARIS FASHION WEEK

Paul Smith
Autumn/Winter '18

明るい未来に目を向け、ポール・スミス2018年秋冬コレクションは夢のような色使いやモチーフ、幻想的な刺繍、伝統的なテーラリングをソフトでよりリラックスしたスタイルで表現することにより、平和とポジティブなムード溢れる場所へとエスケープします

テーラリングは常にポール・スミスの中心にあり、コレクションはスーツというアイテムを尊重しつつも、素材やデザイン、着こなしを再考し新たに提案しています。ショーのオープニングルックを飾るのは、滑らかなサテンのラペルとプリーツのディテールが特徴的なテーラードコート。ウールジャカード素材の袖には、踊る妖精のモチーフを織りで表現しています。一方でシングルジャケットは、ハウンドトゥースとプリンスオブウェールズの2種類のチェックをさりげなくパネル使いで組み合わせたり、ブリティッシュテーラード生地に異なる質感のレザーを組み合わせ、柄や素材の豊かなミックスを試みています。今シーズンやや長くなったジャケットの着丈には、80年代にポール・スミスが積極的に提案していたより自由でリラックスしたスーツの着こなしを反映しています。

ミューテッドカラーは色鮮やかな赤を一層引き立て、英国の挿絵画家、エドマンド・デュラックにインスパイアされたロマンティックなカラーパレットにはミッドナイトブルー、ディープパープルをはじめとする宝石のような豊かな色彩が並びます。絵画のようなプリントは別世界に咲くサイケデリックフラワーや極めて優美な月明かりに照らされた風景を描き、私たちが必要としているoptimism(楽観主義)を表現するとともに、世界的な不安や苦悩をしばし忘れさせます。コレクションの中でも特別な存在感を放つのは"Dreamer"プリントで、ラムズウールやモヘアのニットにも繊細かつヴィヴィッドに編み込まれています。

ウィメンズのテーラードアイテムは、メンズと同じくリラックスした雰囲気でありながら、ジャケットはウエストをマークし、女性の体にラインに自然に沿うシルエットが特徴的です。カッティングの美しいサテンドレスはエフォートレスなエレガンスを体現し、ポールが描いた花をヒントに、リボンで花を表現したアップリケディテールのドレスが華やかさを加えます。

アウターは着丈が長く、伝統的な英国素材を使用したエプソムコートは目の覚めるようなターコイズブルーなどのカラーリングで登場。重厚感のあるレザーコートはデュラックにヒントを得た宝石のようなリッチな色合いに染められています。レザーのエンジニアブーツやツールバッグは柔らかくリラックスしたテーラリングと相反するハードな印象を与え、フレンドシップブレスレットやネックレスとイヤリングのチャームが、テーマであるescapism(空想・白日夢)や個性・自己表現といったキーワードを意識したコレクションの世界観に生き生きとした活気を与えています。

ソフトでリラックスしたテーラリングの足元には相反するレザーのエンジニアブーツをコーディネイトし、フレンドシップブレスレットやネックレスとイヤリングのチャームが、テーマであるescapism(空想・白日夢)や個性・自己表現といったキーワードを意識したコレクションの世界観に生き生きとした活気を与えています。