ツール・ド・東北 2017
オフィシャル・チャリティー・サイクルジャージ by Paul Smith


東日本大震災の復興支援を目的とし、今年5年目を迎える自転車イベント「ツール・ド・東北 2017」のためにポール・スミスがデザインしたオフィシャル・チャリティー・サイクルジャージ。

ポール・スミスの代名詞である数々のストライプの中でも、自転車を愛するポール・スミスが12歳で初めて手にしたペールブルーの愛車から、所有してきた歴代の自転車の色を組み合わせた、色鮮やかな「サイクルストライプ」を印象的に使用したデザインです。

本ジャージの売上の一部は、東日本大震災の被災地の復興支援を目的とした「ツール・ド・東北基金」に寄付します。

ご購入はこちら

"ツール・ド・東北のテーマカラーであるグリーンを基調に、ポール・スミスの有名なストライプのひとつである「サイクルストライプ」をあしらっています。背面にはツール・ド・東北のコースの一部でもある海岸線を「サイクルストライプ」で描き、バックネック部分には小さな手描きのイギリス国旗と日本国旗のモチーフを入れました。" ― ポール・スミス

FRONT

明るいグリーンにクラシックな印象を与えるTohokuの文字と力強いマルチカラーの「サイクルストライプ」をあしらったジャージは、チャンピオンジャージを意識したフルジップ仕様。ジップの引き手はロックタイプで、着用時に首や顎に引き手が当たるのを防止するためのカバーも施しています。

素材には吸湿・速乾性がありUV加工も施したポリエステルを100%使用。また、各パーツの縫い合わせには消臭効果のある糸を使用しており、サイクリングを楽しんだ後、持ち運びやバッグに入れた際に匂いが気にならないよう配慮しています。

BACK

バックネックには、ポールが手描きした、友好とサポートの証であるイギリスと日本の国旗のモチーフをあしらっています。

背面を大胆に走る「サイクルストライプ」は「ツール・ド・東北」のコースの一部でもある三陸の沿岸部を描いています。

バックポケットの縁には夜間の走行時に視認性を高めるリフレクターをあしらっており、リフレクターには汗や水分を逃がす際の劣化を軽減するため、メッシュ素材を採用しています。

サイズはメンズのXS、S、M、L、XL、XXLの6サイズで展開。 ※詳しくはサイズ表をご参照ください。

ご購入はこちら
Paul Smith

実際のコース(“ブルーライン”)を走行するポール

Paul Smith

"今回のイベントのためにジャージをデザインすることは私にとって本当に素晴らしい経験です。小さなことかもしれませんが、地域の再生に貢献でき、またサポートすることに対する人々の関心を引き続き集めることに貢献ができたらと思っています。" ― ポール・スミス

ご購入はこちら