「ツール・ド・東北 2017」のオフィシャルジャージをデザイン

ポール・スミスは、2017年9月16日(土)・17日(日)に開催される自転車イベント「ツール・ド・東北 2017」のオフィシャル・チャリティー・サイクルジャージをデザインします。
 

 
ファッションデザイナーに転身する以前、幼少期よりプロのロードレーサーを目指していたポール・スミスは、現在も趣味でサイクリングやレースを楽しみ、サイクリングウェアや自転車のデザインを通じて、自転車に携わっています。
 

 
東日本大震災の復興支援および震災の記憶を未来に残していくことを目的に、10年間の継続開催を目標のひとつとする「ツール・ド・東北」は、今年第5回の節目を迎えます。ポール・スミス自身も、東日本大震災が起こった約1ヶ月後単身来日し、日本に向けたメッセージを発信するとともに、チャリティーTシャツを販売し東北に寄付した経緯があることから、「ツール・ド・東北」の掲げる自転車や復興支援に対する想いに共感し、今年度のオフィシャルジャージのデザイン・制作の依頼を快諾する運びとなりました。
 

 
ジャージをデザインするにあたり、ポール・スミスは4月3日(月)に初めて東北を訪れ、被災地を視察しました。
 
「ツール・ド・東北の記念すべき5回目の大会に参加できることを非常に嬉しく思っています。女川を訪問し、非常に謙虚な気持ちに包まれました。そして女川駅に訪れてみて、震災以来このように早期に復興されていることや、美しいデザインで完成した駅舎に感銘を受けました。ポール・スミスはストライプ柄が有名ですが、数多くあるストライプ柄のひとつに『サイクル ストライプ』と呼ばれる自転車にちなんだストライプ柄があり、今回のジャージのデザインに落とし込めればと思っています。今年の『ツール・ド・東北』オフィシャル・チャリティー・サイクルジャージのデザインを楽しみにしていてください。」 ポール・スミス
 
なお、本ジャージの売上の一部は、東日本大震災地域の復興支援を目的とした「ツール・ド・東北基金」に寄付します。
 

 
ツール・ド・東北 2017(Tour de Tohoku 2017)
主催:株式会社河北新報社、ヤフー株式会社
開催日時:2017年9月17日(土)・18日(日)
公式サイト:https://tourdetohoku.yahoo.co.jp/
 
 
 

ニュース種別

投稿日: 2017年04月04日 (火)