SS17 Men's Show

2017年春夏シーズン、ポール・スミスはオプティミスティックな色使いやプリントを通して、平和とポジティブさを力強く表現します。
 

 
ポールはティーンエージャーだった60年代に、故郷ノッティンガムから初めてロンドンを訪れ、ノッティングヒルにある友人の家に滞在しながらロンドンの街を探索しました。ちょうどこの頃、ロンドンの夏の風物詩、ノッティングヒルカーニバルの開催もスタート。カリブ系移民が多く暮らしていたこのエリアは活気に満ち、ストリートは色鮮やかでスタイリッシュな着こなしの男性たちで溢れていました。そして70年代よりウエストロンドンに居を構えるポールにとって、ノッティングヒルはホームグラウンドであり、当時も今も変わらずこのエリアに多大な影響やインスピレーションを受け続けています。それらの要素を落とし込み、ポール・スミス流のスタイルに再構築することで、2017年春夏シーズンはポール・スミスらしさが際立つコレクションに仕上がりました。
 

 
60年代当時、ウエストロンドンを闊歩していたカリビアンたちのスーツスタイルにヒントを得たセットアップは、非常に軽量な仕立てと通気性の良いイタリアンウール素材が特徴で、エフォートレスでありながら洗練された雰囲気のドレスアップスタイルを作り出します。また、トラウザーズにはバナナシェイプの新たなシルエットも登場しています。
 

一方で、アイスホッケーユニフォームを彷彿とさせるビッグシルエットのTシャツやジップアップジャケットなどのスポーツウェアフィーリングのアイテムは、コレクションにコンテンポラリーなエッジを加えています。ショーにはマルチカルチャー都市、ロンドンを象徴するかのごとく、さまざまな風貌のモデルが登場しました。
 

 
ポール・スミスならではの力強く大胆な色使いは、陰鬱な出来事や悲しみに溢れる世界に、明るくオプティミスティックなメッセージを発信します。イエロー、グリーン、レッドに代表される温かみのあるカリビアンカラーは、ポール・スミスの代名詞ともいうべき鮮やかなストライプを描き、トロピカルタータンチェックがジャケット、シャツ、トラウザーズなどに繰り返し登場します。ショーランウェイにもストライプが走り、ポジティブでハッピーなコレクションの雰囲気を一層盛り上げました。
 

 
また、Tシャツにあしらわれた数字の「17」のグラフィックモチーフには、2017年がより明るく、幸福で、平和なものであるようにという祈りが込められています。
 

 
 
Music List:
Show - Jamming by Bob Marley
Finale - Gorilla Foot by Leftside
 
Hair TBC Makeup by Lynsey Alexander @ Streeters and the MAC pro team.
 
 
 

ニュース種別

投稿日: 2016年06月26日 (日)