PS by PAUL SMITH at Pitti Immagine Uomo

 
2017年1月11日(水)、イタリア・フィレンツェにて開催中のPitti Immagine Uomo 91 (第91回ピッティ・イマージネ・ウォモ) において、ポール・スミスは新たなコンテンポラリーラインであるPS by Paul Smithの2017年秋冬コレクションを発表しました。
 

 
PS by Paul Smithはポール・スミスの証である、力強い色使い、鮮やかなプリント、遊び心のあるディテールなどの要素をすべて備えている一方、スポーツウェアとデザイナー ポール・スミスが愛するサイクリングから強く影響を受けています。ピッティにて披露したキープロダクトはどれも、現代社会に適応したライフプルーフ仕様のデザインが特徴です。
 

 
 

今シーズンのカラーパレットは、クラシックなサイクリングジャージやデンマークを代表するアーティスト、Poul Gernesのカラーブロックの作品に影響を受けています。スタイリングはスポーツウェアとテーラリングのミックスが特徴で、ロンドンで活躍したスタイリスト、レイ・ペトリとクリエイティブ集団バッファローの80年代のムーブメントを意識しています。
 

 
耐久性に優れたCORDURA® (コーデュラ®) 素材を使用したオール・アクションスーツは、美しく汎用性が高いアイテム。
 

 
定評のあるマックコートは、極軽量でシャワーレジスタント効果のあるナイロン素材で登場。内側のメッシュポケットに収納できるデザインで、携帯にも便利な仕様です。
 

 
完全防水で通気性に優れたパーカは3層構造の素材を使用し、テープを施したシームやレーザーカットのエッジで仕上げています。
 

 
軽量、パッカブル、シャワーレジスタント効果のあるカラフルなジャケットは、自転車走行中のライダーを冷たい風や予期せぬ雨から守ります。ボディのサイドにはさりげなく反射素材をあしらっているほか、付属のミュゼットバッグにコンパクトに収納可能です。
 

 
PS by Paul Smithが誇る多用途性を象徴する2-in-1ジャケットはリバーシブル仕様。クラシックなソリッドカラーと色鮮やかなチェックを、着こなしや気分に合わせて楽しめます。
 

 
英国のモッズやスキンヘッドのサブカルチャーらが愛用したアイコニックなトラウザーズの形をアップデート。 色あせることのないスタイルで、パーマネントクリースを施しているため、洗いを重ねても常にシャープな形状を保ちます。
 

 
「私が最初にピッティに参加したのは 1993年で、アイコニックなStazione Leopolda(スタッツィオーネ・レオポルダ)でキャットウォークショーを行った最初のデザイナーでした。今回再びフィレンツェに戻ってくることができ、PS by Paul Smithのニューコレクションを、エネルギーとサプライズに包まれたプレゼンテーションを通じて発表する機会を得ることができ、大変光栄です。」- ポール・スミス
 

2017年春夏PS by Paul Smithメンズコレクションはこちら:
http://paul-smith.co/GLxbz8
 
 

ニュース種別

投稿日: 2017年01月12日 (木)