クリスチャーナ・S・ウィリアムス エキシビション "Gladninger"

ロンドンヒースロー空港ターミナル5のPaul Smith Globeで昨年開催された自身初のエキシビション、"Hnottur CMYK"が記憶に新しいクリスチャーナ・S・ウィリアムス。Paul Smith Globeでは彼女の新しいエキシビションが開催中です。
 
今回のエキシビション、"Gladninger"では、力強いグラフィックラインと複雑かつ繊細なヴィクトリアン・エングレイビング(版画)という、相反するモチーフの対比が印象的なイラストレーション作品を集めています。作品にはヴィクトリアン・エングレイビング、写真、どこかで見つけてきたもの、葉っぱや小枝など自然界から採取したものなど、あらゆるオブジェクトが反映されています。
 
明るく力強く、ヴィクトリアン・エングレイビングが持つ美しさとモダンで現代的なイラストレーションを自由に重ね合わせ織り交ぜた作品を生み出すクリスチャーナ。彼女のインスピレーションソースは、荒涼とした母国アイスランドの自然や自然界に見られる「シンメトリー」などです。そして作品はそれぞれ、100枚から時には1000枚にも及ぶレイヤーを重ね合わせることで作り上げられています。
 
彼女はまた、ウェストロンドンにあるコンセプトショップ、Beyond the Valleyの設立者/クリエイティブディレクターでもあり、イラストレーション、グラフィック、デザイン、ファッションの分野で活躍するアーティストとして10年以上のキャリアをもっています。最近では、The Wilderness Festivalのアートディレクション、London Design Festivalの際のヴィクトリア&アルバート博物館の壁画ディスプレイ、家具メーカーGeorge Smithや壁紙デザイナーCole & Sonとのコラボレーション、Liberty of Londonのエクスクルーシブプリントの制作などのプロジェクトを手掛けました。
 
エキシビションは2014年1月15日まで。
 
 
Paul Smith GLOBE
Heathrow Airport Terminal 5 Departure Lounge
London
+44 (0) 208 283 7066
 
 
 

投稿日: 2013年11月28日 (木)