2016年秋冬RED EAR

2016年秋冬シーズン、新生RED EARの展開がスタートします。
 
RED EARはPS by Paul Smithのテーマやスタイルを反映させながら、生地や製法にこだわりクラフツマンシップに溢れたコレクションとして進化します。2016年秋冬シーズンは、ミリタリーウェアとインディゴを基調とし、重厚感と味わいのあるアイテムを展開します。
 
ヴィンテージのような雰囲気のカットソーは、旧式の吊り編み機で編むことで、豊かな風合いや嵩高(かさだか)で保温性に優れた生地が特徴です。シンプルなデザインのインディゴブルゾンは、経糸と緯糸にインディゴ糸と極太のスラブ糸を使用しており、着こむほどに味わい深い表情に変化します。旧式織機、シャトル織機で織り上げたオリジナルのセルビッチデニムは、ベルトループやバックポケットなどのディテールにも細やかなこだわりを反映させています。アイテムはすべて、生地、縫製、加工、附属と一貫してMADE IN JAPANにこだわっており、細部にいたるまで日本の職人の技と手仕事の温もりが感じられるコレクションです。
 
RED EAR のアイテムは8月27日(土)より順次展開開始。お近くのポール・スミスメンズショップにて、ぜひご覧ください。
 
 
 

ニュース種別

投稿日: 2016年08月17日 (水)