King of the Stills Little Barrie写真展

日時:
2010.12.10(Fri) - 12.26(Sun)

場所:
Paul Smith SPACE GALLERY
東京都渋谷区神宮前5-46-14 3F 11:00-20:00
年内無休

Paul Smith SPACE GALLERYでは12月10日から26日まで、ロンドン出身の3ピースバンド、リトル・バーリーを被写体とした写真展『King of the Stills』を開催します。

2005年、『We Are Little Barrie』でデビューし、ロックン・ロールをベースに、ファンク、ブルース、モッズなど古き良き音楽を吸収した独自のヴィンテージ・サウンドで数多くのロック・ファンを魅了してきたロンドン出身の3ピースバンド、リトル・バーリー。そんな彼らに密着してポートレートを撮影してきたのが、カメラマンのリー・ヴィンセント・グラブ。アディダスやオークリーの広告写真から、GQ、NYLONといった雑誌のポートレート、さらにはミュージシャンのアーティスト写真等、多岐に渡って活躍しているカメラマンです。

今回、Paul Smith SPACE GALLERYでは、リトル・バーリーのニュー・アルバム『King of the Waves』のリリースを記念し、リーが彼らに密着して撮影してきた写真を特別公開します。ロンドンのオフィスでのポール・スミスとの対面から、パリの街角でのショットなど、音楽とはまた違った視点から垣間見られる彼らの新たな魅力をご堪能下さい。

■LITTLE BARRIE バーリー・カドガン(Vo,G)、ルイス・ワートン(B)、ヴァージル・ハウ(Dr)の3人組英ロック・バンド。05年、『ウィー・アー・リトル・バーリー』でデビューし、ロックを中心とした独自のヴィンテージ・サウンドで、無名の新人から一躍有力アーティストにまで一気に上り詰めた。フロントマンのバーリーは、モリッシーやプライマル・スクリームのギタリストとしても世界各国を回るなど、まさに最も引っ張りだこなギタリストの一人として活躍している。12月8日、約4年ぶりとなるニュー・アルバム『King of the Waves』を、日本先行リリース予定。

■LEE VINCENT GRUBB ロンドン在住のカメラマン、リー・ヴィンセント・グラブ。アディダスやオークリーなどの広告写真から、GQやNYLONなど雑誌でのポートレート、さらにルーツ・マヌーヴァやリトル・フィッシュなどミュージシャンのアーティスト写真も撮影する等、多岐に渡って活躍している。

Hostess Entertainment
>>www.hostess.co.jp

Lee Vincent Grubb
>>www.leevincentgrubb.co.uk

投稿日: 2010年12月10日 (金)