ジョン・リー・バード エキシビション

ロンドン ヒースロー空港ターミナル5のPaul Smith Globeではジョン・リー・バードの絵を集めたエキシビションを開催します。

力強い線とヴィヴィッドなカラーを用い、ジョン・リー・バードは対象物をあえて簡略化して描いて見せ、作品を観る者に想像力豊かな解釈を促します。1950年代の医療マニュアルに多大な影響を受けているバードのポップアートを通した人体解剖学への探求は、私達の目を楽しませ、心を掴みます。

Paul Smith Globeに展示される'PSALM'は、バードがポール・スミスのために特別に描いたシリーズです。ポールが選んだ掌(てのひら)のイメージが描かれた新作は、「表面に見えているものの下には何があるのか」を覗きこんだシリーズになっています。掌のポートレートを最初のインスピレーションに、'PSALM' でバードは、カラーによる探求を繰り返し重ねています。

 

エキシビションは2月28日から3月9日まで

Paul Smith 'Globe'
Heathrow Terminal 5
Departure Lounge (Adjacent to Gate A19)
London
United Kingdom
Tel: +44 (0)20 8283 7066

投稿日: 2013年02月28日 (木)