ドラゴンズ・バックボーン

 

ポール・スミス グローブではフォトグラファーのベンジャミン・イーグルによるエキシビジョン、“ドラゴンズ・バックボーン”を開催します。

作品は、過去8年に及ぶ世界各国 - 南北アメリカ、東南アジア、インドネシア、インド、スリランカ、ボルネオ、中国、香港、日本、北アフリカ、南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランド、東ヨーロッパ、西ヨーロッパ - を巡る旅の記録といえる写真です。

ベンジャミンは少年時代から彼の日常、旅、経験などを写真に撮り、日記として記録し始めました。そして世界各地を訪れ、そこに住む人々のカルチャーやライフスタイルを写真に記録するという試みの中で、遭遇するどんなシチュエーションにおいても、その場のエッセンスを巧みに捉えて写真に切り取ることができるユニークな能力を身につけました。

写真は、被写体の生き生きとした質感や奥行きを表現した、豊かで鮮やかなイメージの作品に仕上がっています。

ベンジャミン・イーグルは1984年英国アスコット生まれ、オックスフォード育ち。現在ロンドンをベースに活動。

 

'The Dragon’s Backbone'

by Benjamin Eagle

20th September – 18th October 2011

 

Paul Smith Globe

Departure Lounge, Terminal 5

Heathrow Airport

+44 (0)20 8283 7066

投稿日: 2011年09月12日 (月)