Paul Smith SPACE GALLERYで「SWIMMING POOL」開催

Paul Smith SPACE GALLERYでは4月25日(土)から6月28日(日)まで、フォトグラファー、フランク・ボーボによるエキシビション「SWIMMING POOL」を開催します。
 
ニューヨーク・ブルックリンをベースに活躍するフランス人フォトグラファー、フランク・ボーボ。彼は美しい輪郭を形成するプールを求めて故郷の町パリと、現在の拠点であるNYを隅々まで移動してまわります。本来レジャーの場であるプールを社会学とアートの視点から捉え、街の中にオアシスのように存在する建物そのものの美しい姿と、人々がプールから去った後の静けさを切り取ります。人気のない、空気と水に囲まれた明るい室内には静寂がこだまし、独特の空気感を醸し出します。また、撮影されたプールの内装は、それぞれが昔は実用的で事務的だったものたちが時の経過とともに変化し、それにシンメトリーな構造や空間のひずみ、塩素消毒が繰り返されたブルーの濃淡が相まって、異次元の空間を生み出します。
 
会期:2015年4月25日(土)-6月28日(日)
 
Paul Smith SPACE GALLERY
東京都渋谷区神宮前5-46-14 3F
TEL:03-5766-1788
12:00-20:00(月-金) 
11:00-20:00(土日祝)
水曜不定休
 
 
 
Franck Bohbot(フランク・ボーボ)
1980年フランス生まれ。2008年より公共施設や都会の風景などをアーティスティックな視点で切り取った作品を撮り続けており、映画的なイコノグラフィーの表現をベースに、テーマは一貫して個と建築の関係性にあります。また、彼の作品は構図と色のバランスの美しさでも知られています。作品はすべてタイムレスであり、えも言われぬ美しさと趣き、そしてドキュメンタリー的なアプローチが認められます。2013年SWIMMING POOLシリーズでInternational Photography Awards (IPA)を、加えて2014年にはCHINA TOWNシリーズでArchifoto Award(International Architectural Photography Awards)にて賞を受賞しています。
 
 
 
 

投稿日: 2015年04月14日 (火)