Paul Smith No. 9 Albemarle Streetでカール・オーボック作品を展示

ロンドンのPaul Smith No. 9 Albemarle Street ショップでは、オーストリアの工芸家カール・オーボックの作品を展示します。
 
オーストリアの金属工芸家で、5世代に渡って続くWerkstätte Auböck(オーボック工房)の2代目として、デザイナー/職人として活躍したカール・オーボックは、ペインティング、家具、オブジェなどを制作し、オーストリアン・モダニズムを牽引した人物です。
 
オーボックの名を知らしめたのは、彼の手がけた銅製品かも知れません。バウハウスで学んだ後、彼はそれまでと同じくアールデコスタイルの作品を制作していましたが、そこにオーストラリアン・モダニズムの要素を加えることで、新たな作風を確立しました。ウォルター・グロピウスやチャールズ・イームズなど、同じくモダニズムの立役者として活躍していた建築家やデザイナーたちに支持され、カール・オーボックの作品は第二次世界大戦後、国際的にポピュラーになりました。
 
今日、オーボックの伝説的な作品の数々を熱心な収集しているコレクターは世界中にいるものの、オーボックがデザインしたとされる6,000作品のうち、わずか4分の1ほどしか目録が存在せず、彼の作品は非常に珍しいと同時に、工房が発表した作品はファンたちの羨望の的となっています。
 
Paul Smith No. 9 Albemarle Streetのショップではこのたび、オーボック作品の数点を2014年5月28日(水)まで展示します。
 
 
werkstaette-carlauboeck.at
 
1st May 2014 – 28th May 2014
Paul Smith No. 9 Albemarle Street
9 Albemarle Street
London
W1S 4BL
Tel: +44 (0)20 7493 4565
Posted on 2nd May 2014
 
 

投稿日: 2014年05月01日 (木)