Paul Smith

2016年秋冬Paul Smithウィメンズコレクションは、デザイナー自身のルーツを再発見することで、ポール・スミスの描く"ハンサムウーマン"を新たに表現したコレクションです。
 
メンズウェアからスタートしたブランドらしく洗練されたマスキュリンなスタイルはそのままに、2016年秋冬コレクションには女性の持つ凛としたムードとロマンティックさが漂います。デザインはブランド初期の70~80年代のポール自身アーカイブや、"ハンサムウーマン"を体現するポールの妻、ポーリーンのワードローブにインスピレーションを得ています。
 
キッチュなかじりかけのリンゴモチーフは、日常にあるごくありふれたものからデザインのヒントを得るポール・スミスのユーモアのセンスや本質を表現するもので、プリント、刺繍、アップリケなどのテクニックで繰り返し登場します。また、1982年に発表しポール・スミスのシグネチャーとなったフォトグラフィックプリントへのオマージュとして、リンゴのフォトグラフィックプリントも展開します。一方で、70年代をイメージさせるフローラルやペイズリーも今シーズンの重要なモチーフとしてコレクションを彩り、ルーレックスのサイケデリック調のプリントをはじめ、さまざまなディテールに落とし込まれています。
 
ポール・スミスの真骨頂であるテーラリングは、メンズコレクションと同じくストライプが印象的に織り込まれ、クラシックなサイクリングトラウザーズにヒントを得たエレガントなシルエットのトラウザーズが女性らしいフォルムを作りだします。フォーマルなコートはラグランスリーブで丸みを帯びたショルダーが特徴的で、シアリングなどのディテールが素材の美しさを引き立てます。クラシックなシフトドレスには、印象的な色使いと刺繍のディテールがあしらわれており、コレクションに華やかさをもたらしています。