PS by Paul Smith

PS by Paul Smith
 
ポール・スミス自身の自転車への情熱とスポーツウェアから強い影響を受けた2017年秋冬シーズンのPS by Paul Smithメンズコレクションは、現代の生き方を意識したlife-proof (ライフプルーフ) 仕様のデザインを打ち出します。
 
アウターウェアは日常生活をより快適に過ごすための実用性を追求し、軽量で撥水加工を施したナイロン素材が登場します。レインジャケットはパッカブルで内側のポケットに収納が可能、また優れた耐久性を誇るCORDURA® (コーデュラ®) ナイロンとウールをミックスさせたスーツも展開します。
 
今シーズンのカラーパレットは、クラシックサイクリングジャージと、デンマークのヴィジュアルアーティストPoul Gernes (ポール・ギャネス)のカラーブロック作品からインスピレーションを受けています。また、ポール・スミスがこれまでに所有した数々の自転車の色から構成された「サイクルストライプ」がブランドシグネチャーとしてコレクション全体にさりげないディテールとしてあしらわれており、「サイクルストライプ」のカラーは洗練されたウィンドーペーンチェック柄にも落とし込まれています。
 
スタイリングはスポーツウェアとテーラリングのミックスが特徴で、ロンドンで活躍したスタイリスト、レイ・ペトリとクリエイティブ集団バッファローの80年代のムーブメントを意識しています。また、PS by Paul Smithの円形のロゴは、引き続き随所に落とし込まれています。
 
 
RED EAR
 
2017年秋冬シーズンのRED EARは、刺し子や藍染めに加え、オーセンティックな素材にテクスチャー変化を持たせたオリジナリティ溢れるコレクションを展開します。
 
古着に見られる手描きのメッセージを模したテクニックはヴィンテージ感を演出し、ポール・スミスらしいウィットを加えます。デニムを基調としたアイテムにはハンドメイドフィーリングを感じさせるステッチワークを施し、一見無地に見える素材にも織りや編みの組織変化、糸質変化、異素材切り返しなどのテクニックを使用することで、クラフトマンシップに溢れたコレクションを構成しています。